本校の概要

神奈川県立高校改革推進計画に基づいて、 人と環境に優しい「ものづくり」の精神を培い、総合的な視野をもった活力ある人材の育成を目的に平成15年4月に開校しました。
藤沢市の北部に位置する男女共学の高等学校です。全校生徒720名(18学級)規模で、 総合技術科の1科で構成しています。


一人ひとりの特性に応じた教育の提供

工業分野の基礎・基本科目の学習によって自己の興味・関心や特性を見出したり、 確認したりしたうえで、適性や進路希望に応じて、生産技術系・情報通信系・建築系 ・住環境系・都市土木系・総合デザイン系の専門的な系を選択し、 学習を深めることができる教育課程を編成しています。


多様な進路希望や学習目的に応じた教育活動の展開

工業技術・技能を幅広く学習するとともに、系類型科目や普通科類型科目、 自由選択科目(3年次4単位)の設置により、専門分野を深めることや 進学して継続的に学ぶことができる教育内容を提供し、生徒の進路希望や 学習目的に応じた教育活動を展開しています。


「ものづくり」の楽しさを地域に発信する交流行事

学習で得た知識と技術を活用し、地域の方々や小学生、中学生と交流を行っています。校外の人々との交流を通じて、身だしなみや言葉づかい、コミュニケーション能力を養い、社会に貢献できる自分づくりを目指しています。

詳しくは、各ページをご覧ください。


校章の画像

本校の校章は、工科の「工」の字を円の構成で全体的に表現し、円は総合的 ・地球環境への優しさ等を示しています。 また、円が6つに分割されている構図は、6つの系がお互いに共存していることを表しています。 本校の教育目標に対応させ、これからの新しい時代を幅広い視野と創造性豊かな感性によって切り拓き、 社会に貢献できる優れた人格を形成しようという願いが込められています。